犬を英語でしつけたい!海外在住者が選ぶコマンド用語集

私はオーストラリアに住んでいる為、愛犬のたこちゃんに英語でしつけをしています。

  • しつけ教室で習ったコマンド
  • ドッグトレーナーさんが使うコマンド
  • ローカルの飼い主達がよく使うコマンド

の中から使いやすいものを厳選し、ご紹介します。

動画では英語で犬芸を16個披露しているよ!ぜひ見てね♪

 

 

犬を英語でしつけるメリット

英語で犬をしつけると、犬が分かりやすいのがメリットです。

日本語では犬を座らせる時に、『おすわり』『スワレ』『座って』『座りなさい』など

色々な言い回しができてしまいますが、英語では”Sit”のみ。

コマンドを統一すれば犬にしつけが入りやすく、しつけがスムーズに進みます。

更に私が思う最大のメリットは、カッコイイという事!

犬のしつけは根気がいるのでモチベーションが下がりがち。

モチベーションUPの為にも、英語でのコマンドをカッコよく使いこなしていきましょう!

スポンサーリンク

 

 

 

犬を英語でしつけたい!コマンド用語集

 

基本のコマンド/応用のコマンド/叱るコマンドに分けて、全部で21個ご紹介します。

基本のコマンド

  • おすわり…sit /スィット
  • 伏せ…down/ダウン、drop/ドロップ
  • 待て…wait/ウェイト、stay/ステイ
  • 横につけ…heel/ヒール
  • 来い…come /カム
  • お手…shake/シェイク、hand /ハンド、paw /ポゥ

お手を”paw/ポゥ”で教えると可愛いね♪

スポンサーリンク

応用のコマンド

  • 触れ…touch/タッチ
  • ゴロン…roll/ロール
  • 回れ…spin/スピン、turn/ターン
  • くぐれ…through/スルー
  • ハイタッチ…high five/ハイファイブ
  • 持ってこい…fetch/フェッチ
  • ケージへ…house /ハウス
  • お顔ちょうだい…face /フェイス
  • (空中で)取って…catch/キャッチ
  • (友達と)遊んで…play/プレイ

出来たら『Good /グッド』って褒めてあげてね!

叱るコマンド

  • ダメ… no/ノー
  • 集中(見て)…look/ルック
  • 触らないで…leave it/リーブ イット
  • 離しなさい…drop it/ドロップ イット
  • 降りなさい…off/オフ

コマンドを何度も繰り返さず、ハッキリと1度だけ言うのがしつけのコツ!

発音に自信がない?

英語で指示をしたいけど発音に自信がない!

という方は、ハンドジェスチャーでも指示を出すと効果的です。

例えば…

  • 『Sit /おすわり』は人差し指を立てる
  • 『Down/伏せ』は手のひらを下に向ける
  • 『Spin /回れ』は人差し指で円を描く

また、英語の発音に自信がないと無意識のうちに声が小さくなりがち。

  • 声が小さくて愛犬が聞き取れない
  • 飼い主が自信がないと犬にナメられる

など、しつけが上手く進まなくなってしまう原因もなる事も。

大きな声で堂々と発音することがとても大切です。

関連記事:日本人が英語を話せない3つの理由【この問題が解けますか?】

 

 

【動画】英語で犬芸16連発

 

最後に

愛犬への指示を英語でできれば、お散歩中に他の飼い主さん達に一目置かれる事間違いなし!

愛犬とのお出かけがより楽しくなりますね♪

”日本人なのに英語で指示するのはちょっと…”だなんて思わなくて大丈夫。

英語でコマンドを覚えて、カッコイイ飼い主さんになりましょう!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました