オーストラリアで犬を飼う前に大切な4つの準備【海外ペット事情】

スポンサーリンク

オーストラリアからこんにちは!

メルボルン在住&元トリマーのYukiです。

最近、犬を迎える準備を本格的に始めたので、

オーストラリアで犬を飼う前に大切な

4つの準備をシェアいきます♪

犬を散歩に連れて行かなかったら罰金$4000ってホント?

オーストラリアで犬を飼う前に必要な4つの準備とは?

スポンサーリンク

オーストラリアで犬を飼う前に必要な準備は4つ。

重要な事から順番にご紹介します♪

①法律をチェック

オーストラリアの法律は州ごとに変わるので

住んでいる地域のペットに関する法律

チェックが必要です。

知らないと罰金が科される場合も!

キャンベラでは、

犬を毎日散歩に連れて行かないと
最大で$4000の罰金が科されるよ

(※犬種、家の庭のサイズにもよる)
>>>この法律の詳細はこちら

 

必要なワクチンも要チェック!


オーストラリアの場合、

仔犬は2~3回ワクチンを打ちます。

1回目のワクチンは生後6~8週で摂取するので、引き取る時にはすでに摂取済みのケースがほとんど♪

最後のワクチンは16週目以降に摂取しないと

母乳の抗体が予防接種を妨げてしまうので

摂取時期は獣医さんに相談するのがGOOD!

ワクチンの詳細はこちら(英文)

 

 

②犬種を決める

オーストラリアでは、

中型~大型の犬種を飼っている人が多いです。

【オーストラリアで人気の犬種】


  • ラブラドールレトリーバー
  • ラブラドゥードル(ラブラドール×プードル)※
  • スタッフォードシャーブルテリア
  • ケルピー※
  • ブルーヒーラー※
  • ボーダーコリー

※が付いているのがオーストラリア原産の犬種だよ!

また、オーストラリアではアダプションも活発なので

保護施設から犬を引き取ることもできます。

 

オーストラリア向きの犬は、
「水」&「運動」が好き!


愛犬家の多いオーストラリアは、

  • ドッグビーチ(犬も海に入れるビーチ)
  • ドッグパーク(リードなしで犬が遊べる公園)

がとっても豊富!

愛犬家が多いオーストラリアでは犬は家族の一員!って考える人が多いよ♪

キャンプなど、犬と楽しめる設計の

アウトドア施設も充実しているので、

  • 泳ぐのが好き
  • 運動が好き
  • 人見知りしない(フレンドリー)

という特徴のある犬種を選ぶと、

犬との外出を楽しみやすいです。

柴犬は可愛いけど水嫌いな個体が多いから、ドッグビーチの近所に住んでもビーチ嫌いかも><

寿命も見ておこう!


犬の寿命を知っておくのも重要。

大きな犬より、小さな犬の方が長生きします。

  • 超小型犬(5kg以下)  約13歳
  • 小型犬(5~10kg)  約15歳
  • 中型犬(10~20kg)  約13歳
  • 大型犬(20~40kg)  約12歳
  • 超大型犬(40kg以上)  約10歳

小型犬は長生きすると20歳を超えることもあるので

将来のライフプランと照らし合わせる事が大事!

私の実家で飼っているミニチュアダックス♀は18歳、ミニチュアピンシャー♂は15歳だよ!

 

③環境を整える(引っ越し)

マンション住まいの場合は、

バックヤード(庭)付きの

一軒家に引っ越すのがオススメ!

小型犬ならペット可のマンションでも飼えるよ♪

 

引越ししないと犬が飼えない!?


日本の犬のブリーダー(繁殖家)は、

殆どがビジネスの為に犬を繁殖しています。

トリマー修行中、粗悪な環境で繁殖の為だけにブリーダーに飼われる可哀そうな犬をたくさん見てきました・・・

ペットショップも、もちろんビジネス。

なので犬を飼いたい人にはどんどん売ります。

しかしオーストラリアのブリーダー(繁殖家)は

愛犬家が多い!

オーストラリアでは

ブリーダー(業者/個人)から直接買うのが主流なのですが、

ブリーダーに問い合わせをすると、

  • どんな家に住んでいるのか
  • 庭の有無、広さ
  • 家族構成
  • 飼い主の職業
  • 誰が散歩に連れて行くつもりか

などを聞かれることが多いです。

庭付きの家に住んでいない人には

犬を売ってくれないブリーダーもいます。

犬を飼える資格があるかを見極めて、合格した人にしか売らないブリーダーが多いよ!本当に犬が好きな証拠だね。

 

④ペット用品を揃える

【犬を迎える前に必要な物がこちら】

  • サークル(檻)
  • 犬用ベッド
  • 首輪(ドッグカラー)
  • 散歩用の紐(リード)
  • おもちゃ
  • ドッグフード
  • 犬用の食器(餌用/水用)
  • トイレ用のペットシーツ/ペットマット
  • ゴミ袋(うんち入れ)
  • コロコロ
  • 犬用シャンプー
  • クレート(犬を持ち運ぶ際に使用)

忘れてはいけないのがコロコロ

犬種によっては、

換毛期(春と秋)に毛がごっそり抜けるので

コロコロは必須です。

プードル、マルチーズ、ヨークシャーテリアなどはあんまり毛がぬけないよ♪

 

夜鳴き対策に匂いの付いたものを貰うとGood!


仔犬を引き取ってすぐは、

環境の変化に戸惑って夜鳴きをする仔犬がいるので

今まで使っていたタオルなど、

母犬の匂いの付いたものを貰ってくるのがオススメ!

旧寝床の匂いがあると安心して寝てくれるよ♡

 

オーストラリアで犬を飼うのは お金がかかる!

日本でも同じですが、

犬を飼い続けるには

想像以上にお金がかかります。

避妊/去勢手術、ワクチン、マイクロチップ、ペット用品一式など初期費用以外にも結構お金がかかるよ!

【主なランニングコスト】

  • エサ/おやつ代
  • ペットシーツ代
  • トリミング代
  • おもちゃ代
  • 病院代
  • 薬代
  • 首輪が壊れたら買い替え
  • ペットホテル代(飼い主の旅行時など)
  • 犬のデイケア(保育園)※

従って、ある程度の貯金をしておく必要があります。

(※)オーストラリアでは犬に社会性を学ばせる為に、犬をデイケア(犬の保育園)に預ける人が多いよ!犬は群れで生きる動物だから、仔犬は成犬達から社会性を学ぶよ!

 

貯金がないと犬は飼えない?


万が一、犬がケガや病気をした場合に備えて

多少の貯金は必要です。

しかし、犬を飼うと休日の行き先が

  • 犬OKの公園
  • ハイキング
  • ドッグビーチ

など、お金のかからない場所へとシフトするので

今まで休日に使っていた交際費が減り、

犬の為のお金を捻出しやすくなります。

犬を飼うと犬中心のライフスタイルになるよ!休日を公園で過ごせば健康的でお金がかからないよ♪

さいごに

オーストラリアは愛犬家が多いので

施設や法律が充実していて

犬を飼うには最高の環境です♪

最後まで責任持って飼ってね♥

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました