オーストラリアの動物保護施設RSPCAの見学レポート!【動画あり】

スポンサーリンク

オーストラリアからこんにちは!

メルボルン在住のYukiです。

オーストラリアの動物保護施設RSPCA

を見学してきたのでレポートしていきます!

誰でも見学できるの?どこにあるの?無料なの?

今回は見学した内容をムービーでまとめてみたので

是非チェックしてみて下さい♪(記事中盤にあります)

オーストラリアの動物保護施設RSPCAを見学

スポンサーリンク

私達夫婦は動物が大好きで、

近々、犬を迎えたいなと考えています。

  • ラブラドールレトリーバー
  • ゴールデンレトリーバー
  • フラットコーテッドレトリーバー
  • ボーダーコリー

このあたりの犬種を希望していますが

保護犬を迎え入れることも選択肢の1つだったので

オーストラリアの動物保護施設、

RSPCAへ見学しに行きました。

関連記事:オーストラリアで犬を飼う前に大切な4つの準備【海外ペット事情】

 

RSPCAとは?

RSPCAとは、イギリス発祥の動物保護団体。

  • 飼い主に飼育放棄された動物
  • 迷子で行き場のない動物
  • ケガをした動物

などを施設で保護する活動をしています。

英国王立動物虐待防止協会 The Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals (RSPCA) は、動物福祉を推進するために設立された英国の非営利団体である。引用元: ウィキペディア

 

どんな動物が保護されているの?

  • ウサギ
  • ポニー
  • ヤギ
  • ひつじ
  • モルモット
  • フェレット
  • マウス/ラット
  • コアラ(※)

などが保護されています。

(※)野生コアラの救助、保護もしているよ!参考記事:コアラレスキュー

 

保護以外の活動内容は?


保護以外にも、

  • 虐待の報告の受付け
  • ペット用品の販売
  • 動物の里親募集
  • 募金活動
  • 動物福祉のニュースの発信

などなど幅広く活躍!

ボランティア募集もしているよ!15歳以上の人なら参加できるので気になる方はチェックしてみてね!⇒REPCAボランティア

 

 

RSPCAをレポート!施設はどんな感じ!?

レポート内容を動画にしてみました!

私が見学に行ったのは週末でしたが

混んでおらずゆっくり見学ができました。

スポンサーリンク

今回はBURWOOD EASTという場所にあるRSPCAへ行ったよ!

オーストラリアの保護施設RSPCAで里親募集中の犬猫うさぎを見学してきました♪

このRSPCAで里親募集中の犬は

今はたったの数頭しかいないそう!

私の住んでいるビクトリア州では

保護動物以外のペットの展示販売が禁止なので

後先考えずに衝動的に犬を飼い始める人が減り、

保護犬が減ってきているんだそうです。

素晴らしいことだね♪

 

誰でも見学できるの?見学料は?

オーストラリアのRSPCAは誰でも見学ができます。

見学料はかかりませんが、

私の行ったRSPCAの施設では

猫の部屋に入るには

予約と身分証明証の提示が必要でした。

猫カフェ代わりに猫に触れ合いに行こう!
という考え方はNG!保護された動物たちの中には治療中の子や繊細な性格の子もいたので、動物第一で静かに見学するようにしてあげてください♪

 

RSPCAはどこにあるの?

オーストラリア全土にあり、

RSPCAのサイト(RSPCA検索)で

最寄りの施設を検索する事が出来ます。

検索方法


  1. Change Locationで地域を選択
  2. Helping Animalsを開く
  3. Choose Locationで最寄りのサバーブを検索
  4. 営業時間、住所などが表示されます

 

私はBURWOOD EASTを見学しました!

住所:3 BURWOOD HIGHWAY BURWOOD EAST

無料駐車場があるので車もOK!

75番トラムの停留所から徒歩でも行けます♪

 

最後に

動物の保護施設といううことで、

閉鎖的で暗い雰囲気をイメージしていました。

ドキュメンタリー番組などで見る、日本の保健所のようなイメージをしていました><

しかし実際にRSPCAへ行ってみると

建物が

  • お洒落
  • 広い
  • 綺麗
  • 清潔

そしてスタッフの方がとても明るくフレンドリーで

施設全体の雰囲気がかなり良かったです。

今回RSPCAを見学出来て、

ペットを最後まで責任もって飼うことの大切さを改めて感じる事が出来、

犬を迎える前に身が引き締まりました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました