みなさんHELLO٩(。θ◡θ。)۶

今日もTOEICのお話です。

前回のリスニングセクション(Part1~4)のテクニックに引き続き、

今回はリーディングセクション(Part5~7)の

テクニックをご紹介していきますねっ!(*ꆤ.̫ꆤ*)

(前回記事:ワーホリ中でもできる!TOEICスコアアップのテクニック!Part1~4【前編】)

(関連記事:私がワーホリ中にTOEIC受験をおススメする理由!)

 

 

TOEICは語彙がわからなくても、

英語のルールを知っていれば正解できる問題があります。

テクニックを駆使すれば点が取れるのがPart5。

『英語じゃなくテクニックを習得したら

 本末転倒じゃね・・・?(((ʘ ʘ;)))』

って思っているアナタ!(-_☆)・・・いい子だなぁ。

テクニックを習得すれば必然的に文法も覚えていくので

英語力は付いてきます!!

遠慮せずに、テクニックを学んでください♥笑

リーディングセクションは、とにかく時間との勝負です。

時間配分をしっかりしていきましょう。

では早速ご紹介していきます!

※初・中級者向けのテクニックです。

Part5のテクニック【短文穴埋め問題】

Part5は穴埋め問題、全部で30問。

《15分以内/1問30秒》で解答するのが理想です。

それ以上時間をかけるとPart6とPart7がキツイ!(;;;՞;ਊ՞;;)

30秒以内に問題文を読み、選択肢を読み、考えてマークする。

・・・けっこう大変ですよね?(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)

なのでPart5はテクニックを駆使して

とにかく時間を有効に使いましょ!

 

①捨てるべき問題に時間を使わない

TOEICでは、考えても答えが出ない問題は潔く捨てましょう!

そして考えれば答えに辿り着く問題に

エネルギーと時間を使おう!!!(*☌ᴗ☌)。*゚

まずは

★捨てた方がいい問題

★捨てたら勿体ない(考えれば答えに辿り着く)問題

を見極めます。

(ネガティブなテクニックだけど…でも大事だよ!笑)

《捨てた方がいい問題》

*選択肢(A)~(D)にすべて違う意味の単語がある(語彙問題)。

*そして選択肢の単語の意味がわからない。

 

The cafeteria in ABC offers _________ lunch.

(A)complimentary

(B)accountable

(C)replaced

(D)secured

 

選択肢(A)~(D)の単語の意味を知らない場合、

いくら考えても正解に辿り着かないので捨てましょ(*ꆤ.̫ꆤ*)

正解:(A)Complimentary/無料の

 

《捨てちゃうと勿体ない問題》

*選択肢に語尾が違う似た単語がある(品詞問題)。

*選択肢の単語の意味が分からない。

 

My grandmother ______ visits science museums.

(A)frequently

(B)frequency

(C)frequent

(D)frequencies

 

これは、選択肢(A)~(D)の単語の意味を知らなくても、

英語のルールを知っていれば解けます(*ꆤ.̫ꆤ*)!!

一般動詞(visits)の前に来るのは副詞。

殆どの副詞の形は、語尾がly。

語尾がlyで終わるものを選べば正解!

正解:(A)frequently/頻繁に

 

捨てる問題が出てきたら、潔く捨てる!!

時間を無駄にしないでね!!(*⁰▿⁰*)

 

②英語のルールを知る

みなさんは今、

★捨てるべき問題と

★捨てたら勿体ない、考えれば答えに辿り着く問題

を判別できるようになりましたね!

次にやることは、

考えて答えに辿り着く為に

英語のルールを知ること。

  • 冠詞(a,an,the)の後ろには名詞か動名詞しか来ない。
  • 場所を表す語句の前には前置詞が来る。
  • 時刻の前は“at”、曜日の前は“on”、月の前は“in”。

など、ルールを知っておくと文章を全部読まなくても

5秒足らずで答えが出る問題もあります。

時間勝負のTOEICでは、ルールを知っておくと断然有利!♡

 

 

じゃぁ肝心の英語のルールはどうやって覚えるのかって????

努力だよ。

・・・なんてね。笑

世の中には英語のルールを分かりやすくまとめた

ありがたーい参考書がたくさんあるので、

それらを読んで頭の中の英文法を整理すると近道ですよ(*⁰▿⁰*)

私の場合は、ドリルを1冊やって

最低限の英語のルールを身に付けました。

努力嫌い、勉強嫌い、覚えるの大嫌いな私が

「これならあなたでもできるから!(¯―¯٥)」と、

TOEICクラスの先生におススメしてもらったドリルです。

レベルは初心者向けだけど、

当時TOEIC500点ちょいの私でも

意外と知らない用法が多くて重宝しました♡

 

もし海外にいて参考書が簡単に手に入らない方は、

TOEICテスト文法640というアプリがおススメだそうです。

※TOEICクラスの先生がおススメと言ってましたが

めんどくさがり屋の私はこれやってないので質は不明。笑

スポンサーリンク

 

 

Part6のテクニック【長文穴埋め問題】

Part6は長文の穴埋め問題、全部で16問です。

《10分以内/1問40秒》で解答するのが理想です。

2016年5月からの新形式では、

文全部を読まないと正確な答えが出ない問題が増えています!!

空欄の前後だけを読んで答えると不正解になることも。

まずは文章を全部読んでから問題を解く方が正答率はUP!

 

①返り読みをしない

帰り読みとは、英文を文末から訳して読むこと。

日本語の語順で英文を読むと、

どうしても後ろから読んでしまうんですよね(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)

でも!!Part6,7は速読が命なので、

返り読みで時間をかけてしまうのはめっちゃ勿体ないです。

《返り読みの例》

英語:We can’t use the Nagoya highway while it is under construction.

訳:工事をしている間、私達は名古屋高速を使えません。

文末から訳しているので読むのに時間を要します。

《推奨する読み方の例》

英語:We can’t use the Nagoya highway while it is under construction.

訳:私達はできない、名古屋高速を使う、工事をしている間

英語の語順のまま理解していくと時間が短縮できます。

文頭から読み進めるよう心がけてみてください٩(。θ◡θ。)۶

 

※返り読みの対策としてスラッシュリーディング(/を書き込みながら読む)

がありますが、TOEICは問題用紙への書き込みが禁止なので

やらないよう気を付けてくださいね!♡

 

②Part7を先に解く

実は、Part7よりもPart6の方が難しく感じる方が多いです。

(※個人差はあるかもだけど。一般的にね。)

なぜなら、

Part7・・・読めば何とか答えが導き出せる可能性が高い

Part6・・・語彙と文法を知らなかったら答えが出ない

と言われているから。

難しいPart6で時間、集中力、体力、気力を使い果たす前に

Part5⇒Part7⇒Part6の順で解くのもテクニックです!

ただ・・・!!!!

Part5からPart7へ進む際に

マークシートをズレたところにマークしないよう

細心の注意を払ってくださいね!!!!(|||ʘΣʘ|||)

これやる人、普通に多いです。

 

Part7のテクニック【長文読解問題】

Part7は長文読解問題。

《55分以内/1問55秒》で解答するのが理想です。

時間が足りなくて焦るPartですが

深呼吸して、ラストスパート!(*✧×✧*)

 

①先読みをする

Part3,Part4と同様に、先読みが大切なのがPart7です。

先に問題文をんで、何を問われるかを頭に入れてから

長文を読みましょう(*ꆤ.̫ꆤ*)!!

問題文を先読みしないと、

長文の中から答えを探して何往復も読む羽目になり

時間を大幅にロスしてしまいます(;´༎ຶД༎ຶ`)

※Part7のテクニックで有名なのが、

スキミング(英文からの重要な情報だけを拾い集める読み方)。

スキミングを推奨している参考書が多いけど、

新形式になってからは

文章を飛ばさずに全部読んだ方がいいと言われています。

それにスキミングは上級者向けなので

始めるなら700点越えたあたりからにするといいと思います(。θ◡θ。)

 

 

総合テクニック

すべてのPartに共通するテクニックです(*´꒳`*)

芯の太いシャーペンを使う

TOEICはとにかく時間勝負。(しつこい?笑)

1つ塗るのに3秒かけてたら200問×3秒で10分かかるけど

ささっと1秒で塗れば3分半で済みます。

芯の太いシャーペンを使って

マークシートを塗る時間を減らすことが1番のコツです。

 

まとめ

TOEICの点数だけとりあえず欲しい!!という方は

これらのテクニックを活用して頑張ってみてください!

しかし!!ご存知の通り、

テクニックを駆使してTOEICで高得点を取っても

英語は話せるようになりません。

(高得点持ってない上に英語力が幼稚園児レベルの私が

偉そうにごめんなさい。笑)

 

なぜ高得点を持っていても話せないかというと、

  • 頻出単語を丸暗記
  • 消去法で正しい答えを導き出す勉強法
  • ひっかけ問題の見分け方など、点を稼ぐ事に重点を置いた勉強法

このれら勉強法はすべて、直接会話に活かせないか(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

せっかく海外にいるんだから、

せっかく勉強するんだから、

ちゃんと話せるようにもなりたいですよね。

テクニックを学べば間違いなく文法力は付いてくるので、

話せるようになる為に

学んだ事をアウトプットする習慣を付けてみて下さい(*☌ᴗ☌)。*゚

英語が話せる人はTOEICのテクニックを知らなくても

高得点を取れます。

つまり会話ができればTOEICの点数は連動して伸びる!!

ということは・・・???

ワーホリ中や留学中で海外にいて、

毎日英語で会話する機会があるあなた!!!

間違いを恐れずにたくさん英語を話しましょ(*⁰▿⁰*)

TOEICの高得点目指せるチャンスですよ♥

 

~おわり♪~

 

ブログランキングに参加しています♪

この記事が役に立った!と思っていただけたらぽちっと♡お願いします⁽⁽(*꒪ั❥꒪ั*)⁾⁾

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村