ワーホリに行くと決めたら、やるべき事はたくさん!

しっかり準備して

有意義なワーホリライフをお過ごし下さい♥

準備はとっても大事!

準備を疎かに出国すると、私のように帰国後に泣く羽目になります!笑

(関連記事:私がワーホリに大失敗した理由を晒そうと思う。【ファーストビザのお話】)

 

有料エージェントに助けてもらわなくても全部自分で準備できます。

英語力0でも大丈夫!(*⁰▿⁰*)

VISA申請代行料、航空券手配料、空港送迎費、カウンセリング料など、

エージェントにお金をかけるくらいなら

自分で手配し、浮いたお金でフィリピン留学でもしましょ。

では早速ワーホリ準備のやるべき事をご紹介していきます☆

 

リストA【*出発半年前までに終わらせておきたいこと*】

情報収集

 

 まずは情報をいっぱい集めましょう!

 オーストラリアって何が出来る国なの?

 どの都市がいいの?費用はいくら必要なの?

 (関連記事:オーストラリアが人気の6つの理由。英語の訛りは…?)

 

効率が良い情報収集のルートは1⇒2⇒1の順。

1.ネットで下調べる  

 膨大な情報を得られます!

 わくわくする現地情報だけでなく、

 エージェントでは教えてくれないリアルなワーホリの現状

 も知ることができます(*ꆤ.̫ꆤ*)

 私はよく、みんなのブログや日豪プレスを閲覧してます。

2.エージェントの説明会やセミナーに参加

 エージェントが持っている情報は、

 ネットよりも信憑性があるので参加は有意義です!

 私はセカンド前に無料説明会と無料セミナーに参加しまくり、

 ネットで調べ切れなかった

  • ここ数年の語学学校の生徒層の傾向
  • 各都市の最近の経済状況

 などの情報を得ました(*⁰▿⁰*)hehe

 

パスポートの取得/更新

 

 パスポート取得には約1週間かかるので早めの取得をオススメします。

 VISA申請後に取得/更新した場合は

 オーストラリア移民局へ報告が必須なので注意!!!

 先にパスポートの準備を整えてからVISAを申請するのが得策です!

 

ワーキングホリデーVISAの取得

 

 「政府が絡んでいるのでVISA申請時に少しでも間違えたらアウト!

  個人でのビザ申請は危険です。」

 と不安を煽り入会を促すエージェントもいますが、

 間違えないように落ち着いて申請すればいいだけの話。笑

 オーストラリアはオンラインのみでVISAの申請が可能な為、

 自分でできちゃいます。

 「オーストラリア ワーホリビザ 申請」などと検索すれば、

 申請手順を丁寧に解説されているサイトがたくさんヒットします。

 オーストラリア移民局は定期的に申請フォーマットを変更しているので

 なるべく更新されたのが新しいサイトを参考に申請してみて下さい。

 自分で申請したビザが無事下りた時、

 海外で生活していく実感が沸いてきますよ٩(。θ◡θ。)۶

 (どうしても不安な方は無料エージェントに相談してみてください!)

 

リストB【*出発3ヶ月前までに終わらせておきたいこと*】

どの都市に行くか決定する

 

 オーストラリアは大きな国なので、

 州が変われば、法律、物価、気候、住民の人種など

 地域ごとに雰囲気ががらっと変わります。

 従って、都市選びは超大事!

 

 都市選びは多くの方が悩むポイントだと思います。

 まずは「今の段階で、ワーホリでやりたいこと」

 を全て書き出してみて下さい♪

 (英語、乗馬、カフェ巡り、イルカと泳ぐ、サーフィン、スローライフ経験、星空を眺める、ロードトリップ、などなど。)

 そこから自分が1番わくわくする都市を絞っていく方法がオススメです

 

語学学校に行く場合、期間と学校を決める

 

 語学学校選び、迷いますよね・・・(;´༎ຶД༎ຶ`)

 現地でいくつか見学して決めるのが1番ですが、

 慣れない、土地勘のない場所で

 語学学校をいくつも見学して周るのは効率が悪い。

 到着後はバタバタするので、事前に理想にぴったりの学校を決めて、

 支払いも済ませる事をオススメします。

 (関連記事:語学学校の選び方、押えるべきポイントは?期間は?)

リストC【*出発2ヶ月前までに終わらせておきたいこと*】

到着~最低2週間の滞在先を決める

 

 ホームステイor学校の寮orバックパッカーズホステル(安宿)

 最初はこの3つのどれかにしておくと

 トラブルに巻き込まれなくて済みます。

 (※お金持ちの方はホテルへどうぞ。)

 ゆくゆく土地勘が出てきたらシェアハウスを探して引越しすればOKです♪

 絶対に避けるべきは下記3点!。゚(゚´Д`゚)゚。 

×ネットで知り合った人の家に泊めてもらう   

 ⇒とっても危険。日本ほど治安はよくありません。 

×ネットで探したシェアハウスに日本から申込む

 ⇒シェアハウスのトラブルはとっても多いので事前の見学は必須です。

×到着後に決めるからと準備していかない

 ⇒オーストラリアは日本のネットカフェのように

  急遽気軽に泊まれる施設があまりありません。 

 

保険に加入する

 

 保険なしでワーホリをしている人はたくさんいます。

 1年で18~22万円程の高額な保険料を節約したい気持ちは

 とーーーーーってもよく分かるけど、

 もし何かあった時に大変なのは

 本人よりも、手続きや支払いを代理で行う家族や友人。

 1番安いので良いから入ることをオススメします。

 

航空券の購入

 

 Skyscannerで検索、もしくはアプリをダウンロードしてみて下さい。

 航空券代がグラフで表示され、どの日がいくらか一目で分かり

 購入したい航空券を選べばそのまま予約サイトへ繋がるので

 簡単に購入できますよ(◍ ´꒳` ◍)b

 帰国時の選択肢を狭めてしまわないように

 購入は日本⇒オーストラリアの片道のみにしておきましょう!

 

国際免許証の取得

 

 車を買う予定がなくても運転する機会は意外とあります。 

 ワーホリ中はツアーに参加すると高いので、

 節約の為に友人達とレンタカーを借りて観光する事が多いです。

 国際免許証があればUber運転手、配達員など仕事の幅も増えるので

 持ってて損はしないと思います☆

 オーストラリアに入国後に日本の免許を書き換えてもらう、

 という方法もありますが高いです。(多分$70くらい)

 

お金の持って行き方、金額を決める

 

 オーストラリアは銀行の金利が良いので

 私は必要な金額+20万程送金しました(≖ ‿ ≖)♡

 国際キャッシュカードを作ること、

 トラベラーズチェックを用意すること、

 この2つはめんどくさかったので、私は利用していません。

 無料エージェントに、無料で送金してもらいました(*´꒳`*)

 ※為替レートを見てタイミングよく送金するとGOOD!

 

歯医者へ行く 

 オーストラリアでの歯の治療は保険が効かないので

 日本で治療を済ませましょう(*⁰▿⁰*)

 歯が痛くなって治療の為に一時帰国する人、意外といます。

 

リストD【*出発1週間前までに終わらせておきたいこと*】

海外転出届を出す

 

 私の地元の市役所では、

 出発1週間を切ってからしか受理してもらえなかったので

 自治体に確認し確実に提出してから出国して下さい٩(。θ◡θ。)۶

 海外転出届を出さないと、

 住民税、国民健康保険、年金の支払いがストップされません。

 年金は任意継続で支払いも可能なので

 長生きする予定の方はどうぞ。笑

 

日本の携帯電話の解約/プラン変更

 

 帰国後に、

 電話番号が変わってもいい方は解約を。

 電話番号を変えたくない方は基本料金が1番安いプランへ変更を。

 私はauなので一時休止サービスを使用し、

 ¥372/月で番号のみキープしています。

 

 

「オーストラリアでやってみたい事リスト」を作成

 

 IELTS6を取る!ダイビングの資格を取る!

 バリスタとしてローカルで働く!国際結婚する!

 などの明確な目標を持つことは大切ですが、

 それとは別に「オーストラリアでやってみたいこと」

 を決めていくと楽しいですよ♪

 なるべく具体的に、

 やってみたい事を10個くらい書き出してみて下さい。

 すると必要な持ち物が見えてきます!

 外国人の友人を20人以上作ってみたい!

 ⇒どうやって作ろう?

 ⇒ヨガ得意だから、ヨガをきっかけに友達作れるかも。

 ⇒ヨガウェア持って行こう!!

 Uluruに行ってみたい!

 ⇒調べてみたらUluru周辺はハエがすごいらしい。

 ⇒ハエ除けネットがあると便利らしい。

 ⇒現地で買うと高いらしい!日本から持っていこう!

 などなど。

リストE【*出発前日までに終わらせておきたいこと*】

パッキング

 

 パッキングは意外と時間がかかるもの。

 当日の朝に無理やり詰め込むのだけは避けたいところです(((; ఠ ਉ ఠ))

 そしてバックパックで行く方は、

 家で背負って歩く練習と紐の調整をしてみて下さい!!

 私は背負い方がよくわからないまま出発し、

 腰でうまく支えられず全部肩で背負ってしまい

 上手く歩けず、よろよろと肩の痛みに耐えながら背負ってました。

 

空港~宿までの行き方を調べる

 

 バスや電車の切符の買い方、乗り降りの仕方や時刻表は

 ネットがしっかり繋がる出発前に調べておけば

 空港から宿までは、英語力0でも絶対に自力で行けます!!

 万が一迷った場合は、

 「Could you tell me how to get to ○○(○○への行き方を教えてください)」

 と困っている感満載の表情で尋ねれば、

 オーストラリアの人達は優しいのでちゃんと教えてくれますよ!!

 ※恥ずかしさからニヤニヤしながら尋ねてしまうと、

  からかっていると思われ教えてもらえないです。

  思いっきり「困っている感満載の表情」を演出するのがミソです。

 

まとめ

 私は初回ワーホリ時に、

 行けば何とかなるでしょー!という軽いノリで事前の情報収集を怠った為

 何度も心が折れました。

 前回の失敗を踏まえセカンドワーホリでは

 「完璧な準備とリサーチ」を念頭に置き

 1つ1つ、準備とリサーチをしてまいした。

 準備をしっかりすれば不安も払拭されるし、

 目標も自然と定まってくるので毎日わくわくして楽しかったです。

 一生に一度のワーホリ準備、

 皆さんも楽しんで下さ(*⁰▿⁰*)