みなさんHello(*⁰▿⁰*)

今日はTOEICのお話です!

みなさんはTOEICって受けたことありますか???

私は2017年10月に受験しました。

そして2018年3月に受験予定なので、

いま一生懸命勉強中です!

3月に受ける方、頑張りましょー!!

 

TOEIC(L&R)とは???

世界150カ国で実施されている英語力を図るテストです。

問題数は200問、試験時間は2時間、満点は990点!

  • 問題数が多いので疲れる
  • 時間がぜんっぜん足りない
  • 問題用紙にメモなど書き込みできないから超やりにくい
  • リスニング1回しか流れないから聞き逃したら終わり
  • 2時間も集中力持たない

そして試験前の説明を含め約2時間半トイレに行けないので

年を重ねるごとにだんだん頻尿気味になってきた三十路には

いろんな意味できついテストなのです・・・。(※わたし調べ)

※TOEICにはL&R(リスニング&リーディング)と

S&W(スピーキング&ライティング)の試験がありますが、

今回は一般的にみなさんが受けている、

TOEICL&R(リスニング&リーディング)について書いています。

*TOEICを1番受けているのは日本人*

TOEICは世界150か国で実施されていますが

受験者のほとんどが日本人と韓国人なのは有名な話ですね。

日本人の受験者は、

大学生・・・就活や院試の為に受ける

社会人・・・昇給/出世/転職の為に受ける

と、受ける目的がハッキリ定まっている方もいれば

自分のレベルを知る為や、

英語学習のモチベーション維持の為に受ける方もたくさん!

 

日本の企業や大学ではTOEICの点数を重視しているので

『自分の英語力を証明するためにはTOEIC』

という思考が日本の中では定着していますね(*ꆤ.̫ꆤ*)

(関連記事:日本人が英語を話せない3つの理由。※この問題に答えられますか・・・?)

*ワーホリ中にTOEICを受けた方がいい理由*

日本人が大好きなTOEIC。

しかしここは日本ではなく海外!!

実際、TOEICの点数はワーホリ中は全く役に立ちません・・・

Unfortunately(ˊ̥̥̥̥̥ ³ ˋ̥̥̥̥̥)

じゃぁなぜ私はTOEICを受けるのかって?(-ω☆)

理由は1つ、

英語力がどれだけ伸びたか

目で見て確認する為!!!

これ、英語学習において大事なポイント!!!!

英語学習って成果が目に見えないから

心折れませんか????

私なんていつも心折れまくり!!笑

英語の勉強めっちゃ頑張ってるのに全然話せるようにならないし。

でも!!

試験を受ければ、数字でバンっと頑張った成果が目に見えるので

ちゃんと英語力付いてるんだ!と確認でき

モチベーションUPに繋がるんですよね。(*⁰▿⁰*)hehe

 

英語学習は継続が命!

たった1年、もしくは2年のワーホリ生活で

英語に伸び悩んでいる時間が1番勿体ないんじゃないかなー、

と私は思っています。

英語学習の停滞期をさらっと抜け出す方法は目で見て成長を実感すること!

 

*なんでTOEICなの??*

試験ならTOEICじゃなくてもいいのでは?と思ったあなた!

さすが!!!!!

目の付け所が素晴らしい!♡

実際、ワーホリ中はTOEICよりも

  • TOEFL(大学進学に必要)
  • IELTS(永住権取得に必要)

など用途が明確な試験を受ける方が多いと思います。

日本にしばらく帰らない予定の方は、これらの方がいいと思います。

しかし先述の通り、

オーストラリアではTOEICの点数は意味を成さないけど

日本の就活市場において、

TOEICの点数は凄まじく役に立つのです!!(((; ఠ ਉ ఠ))

帰国後の就活に有利になるのは

TOEFLやIELTSよりもTOEIC。

(TOEFLやIELTSは難しくて点が取りにくいしね!)

 

ちなみに私の場合は、どれを受けようか迷ったけど

TOEFLもIELTSも受験料がお高いので結局TOEICにしました(*′☉.̫☉)笑

 

 

そして次回!

元英会話スクールに勤務していた私が

当時生徒さん達にアドバイスしていた事を

このブログを読んでくれているみなさんにもお伝えできればなーと思い、

TOEIC攻略法をまとめてみようと思います!

役に立ったと言ってもらえたら幸いです!

来週までにまとめられたらいいな・・・

coming soon…♥