みなさんHELLO٩( ´◡` )( ´◡` )۶

本日は

お金のお話です。

ワ━━゜。・d(゜∀゜※)β・。゜━━ィ!!

私は4年前、オーストラリアでのワーホリで

常にお金がなくて不安でイライラした生活を送っていました。

(関連記事:私がワーホリに大失敗した理由を晒そうと思う。【ファーストビザのお話】)

 

なので今回のワーホリ(セカンド)に向けて

『財布のゆとりは心のゆとり!!』を信条にし

貯金に勤しむことを誓いました。

しかし・・・!!!

貯金しなきゃ!と思えば思うほど

物が欲しくなるのはなんでかな(*′☉.̫☉)?笑

いらんものを買ってばかりで貯金は難航を極めたのでした・・・(((;꒪ꈊ꒪;)))

ちなみに最も無駄な買い物だったのがこれ。

2~3回使ってめんどくさくなり部屋の片隅に放置している美顔器。

売ってこればよかった・・・

 

 

こんなお金にずぼらな私ですが

一応予算を組んで貯金していました。

使った金額をメモしていたので

ワーホリのセカンド費用が総額いくらかかったのか

ざざーっと表にしてお伝えしてみますね!

セカンド取ろうか迷ってるあなた!(-ω☆)キラリ

セカンド取ったけど使おうか迷っているあなた!(-ω☆)キラリ

へー、この人の場合はこんな感じなんだー、って

参考にして頂けたら幸いです!(*⁰▿⁰*)♡

 

※セカンドって何?と思っている方へ(*☌ᴗ☌)※

セカンド(=セカンドビザ)は、

政府指定の仕事政府制定の場所で88日間以上行った人が取れる

2年目のワーキングホリデービザです。

私の場合、

政府指定の仕事⇒マンゴーのパッキング

政府指定の場所⇒DarwinのHumpty Doo

で半年間働いてセカンドビザを取りました。

(関連記事:Darwinファーム体験記~ベトナム人ボスに怒鳴られる日々~【仕事編】)

 

では早速、費用をご紹介していきます!

 

セカンドワーキングホリデー準備費用(出発前に支払いしたもの)

 内訳 金額
セカンドVISA申請料

※クレジットカード手数料込み

¥39,835

(VISA申請料はAUS$440)

関空‐Melbourneの航空券

※座席指定料と委託手荷物料(30kgまで)込み

¥39,845
 語学学校(8週分)

※テキスト代と入学金込み

¥274,120(AUS$3080)
ユースホステル(1週間分)

スポンサーリンク

※ホームステイなし

¥16,821
海外旅行保険(1年分) ¥186,120
国際免許証

※愛知県の場合

¥2,400
ALBIONの基礎化粧品(1年分)

※三十路の必需品

¥50,000
脇汗が100%止まるデンマーク製の制汗剤(1年分)

※汗っかきの必需品

¥5,000
雑費

(歯が沁みるのでシュミテクト1年分

普段眼鏡だけどお洒落したい時用にコンタクト2ケース

服、化粧品、飲みなれた薬、お菓子、本、などなど)

¥30,000
total ¥644,141

 

ワーホリ中の維持費(日本の口座から引き落し)

 内訳  金額
Netflix ¥8,424/年(¥702/月)
携帯番号保管代 ¥4,464/年(¥372/月)
年金(任意継続せず) ¥0
国民健康保険 ¥0
車の維持費  ¥0(廃車にしてきた)
total ¥12,888

 

 

まとめ

 

オーストラリア国内にいて、

すでに生活の基盤が整っている方は

かかる費用はセカンドビザ申請料のみで済みますね!

私の場合は語学学校にも行きたいし、保険や航空券も必要だったので

総額は約65万円でした!

 

前回のワーホリで

バックパック、変換プラグ、電子辞書、デジカメを買い揃えたので

ちょっと古いけど、節約のために全部そのまま使っています。

(電子辞書、さすがに古すぎ?笑)

 

セカンドでは海外旅行保険に入らない人が多いですが

私は健康に自信がないので迷わず加入しました!

30過ぎてから風邪や口内炎なかなか治らないしさ・・・(((;꒪ꈊ꒪;)))笑

 

そして!

エージェントですが、私が利用しているのは

無料エージェント٩(。θ◡θ。)۶

海外旅行保険or語学学校にエージェントを通して申込みしたので

オフィスのPC使わせてもらったり、

荷物の一時預かりお願いしたり、

イベントの情報教えてもらったり、

送金、学生ビザへ切り替えの相談、恋愛相談(笑)などのサポートを

無料で提供してもらっています♡

エージェントを使う方は無料エージェントがオススメです!

(関連記事:ワーホリエージェントは必要?どんな種類があるの?【その1】)
(関連記事:ワーホリエージェントの失敗しない選び方【その2】)