オーストラリアのYHAやバッパーをより快適にする2つの方法【パース一人旅2日目】

スポンサーリンク

オーストラリアからこんにちは!

メルボルン在住のYukiです。

【この記事の前半】パース一人旅の2日目の旅行記
【この記事の後半】オーストラリアのYHAやバッパーを快適にする2つの方法

実際に泊まってみて気が付いた

YHAやバッパーをより快適にする2つの方法を記事後半に綴ってみました!

旅行記をすっ飛ばしたい方は、

下の目次の

『2.オーストラリアのYHAやバッパーを快適にする2つの方法』をクリックして下さい。

YHAやバッパーで他人と泊まるのは緊張するけど
旅仲間と出会える最高の場所!

オーストラリアのパース一人旅2日目

スポンサーリンク

念願のパース一人旅、パース空港での号泣から始まりましたが

無事スーツケースも開いて宿泊先のYHAへ到着しました!

YHAとはユースホステル(安宿)のことです。

オーストラリアは宿泊代が高いので、ホテルやAiebnbではなく

YHAやバッパー等の安宿に泊まって宿泊費を浮かすのが一人旅のコツ。

詳しくはYHAって何?をどうぞ。

YHAは会員になると宿泊費を割引してもらえたり、

公共交通機関や旅行用品の割引もあるそう!

これは会員になったほうがお得!

どうやって会員になるの?会費は?

なんと、2017年3月以降は最低1泊すれば全員無料で会員になれるんです!!

ワーホリ、バックパッカーにはとってもありがたい制度。

私はオーストラリアのダーウィンのYHAで会員になりました。
当時は25歳以下無料、25歳以上は$10!

YHAにチェックイン

パース空港には早朝に到着しましたが、

空港でのんびりシャワーを浴びてきたのでYHAに到着したのは11時頃でした。

YHAのチェックイン時間は13時なので

お昼ご飯を食べに近くを散策することにして、

スーツケースを預かってほしいとフロントに声をかけました。

すると受付のお姉さんが「今チェックインしたかったら特別にやってあげるよ!」と、

指定時間よりも早くチェックインをしてくれました。

こうやって細かいルールに縛られず、融通の効くところがオーストラリアの良い所だよね!

太った女の子

チェックインを済ませて部屋に入ると、

太った女の子がベッドの上でドミノピザを食べていました。

11時だもん、お腹すくよね。

目が合ったらニコっとしてくれたので

簡単に挨拶と自己紹介をして、空いていた2段ベッドの下の段を確保しました。

女の子はドイツ人の大学生で、

学校が休みの短期間だけパースに観光しに来てるんだそう。

すでに1週間パースにいると言うので、

観光でどこが1番よかった?と聞くと、

『どこにも行ってないからわからない~HAHAHA!』

天気が良くなかったから観光するのが面倒になったんだとか。

この食べてるピザ、

絶対テイクアウェイじゃなくてデリバリーだ!

 

とりあえず私もお腹がすいてきたので、

さっさと寝床を作り、市内に繰り出しました。

フレンチフライを注文したら出てきたものとは?

女の子がピザを食べていたのを見て

ジャンクフードが食べたくなったので、

MOON cafeというお洒落なカフェでフレンチフライを注文してみました。

あ、こういう感じのフレンチフライね。

オーストラリアではメニューをしっかり読まないまま注文すると

思ってたのと違うものが出てきます。

オーストラリアの飲食店のメニューには写真がほぼ載ってません。

何もトッピングのないものを食べたかったけど、

これはこれで辛くておいしかったのでよし。

パース駅周辺をふらっと散策!

ご飯を食べてからパース駅周辺を歩いて散策しました。

壁に描かれたグラフティがカッコイイ!

半日ほど歩き回ってなんとなく土地勘がつかめてきた所で

日も暮れてきたのでYHAに戻りました。

ドイツ人の女の子と打ち解ける

部屋に帰るとドイツ人の女の子が一緒に映画見ようと誘ってくれたので

女の子のPCでドイツの映画を見ながらお喋りしました。

女の子は本当はパースに彼氏と一緒に来る予定だったけど、

彼氏の浮気で別れてしまったから、1人でパースに来たと話してくれました。

観光してないのも天気のせいじゃなくて、

落ち込んでて観光する気にならなかったみたい。

私も似たような状況でパースに来たので

意気投合してお互いの元カレトークで盛り上がりました。

浮気する奴は世界中どこにでもいるんだね。(あたりまえ)

翌朝、女の子はチェックアウトしてドイツへ帰っていきました。

オーストラリアのYHAやバッパーをより快適にする2つの方法

オーストラリアのYHAやバッパーは

宿泊費が安い分、すべて他人とシェア。

寝る時は相部屋、トイレ、シャワー、キッチンもみんなと共用。

その分、旅仲間とたくさん交流ができるメリットもありますが、

少しでも快適に過ごせる2つの方法をご紹介!

宿では快適に過ごして旅の疲れを取りたいところ。

①チェックインは少しでも早くする【受付で交渉すべし!】

YHAやバッパーでは、2段ベッドが主流です。

荷造りしやすい、洗濯を干しやすい、

そしてコンセントが確保しやすので

ベッドの下の段は取り合いなのです!!!

またベッドの配置により、

エアコンの真下で寒くて寝れない。
入り口の近くで人の出入りがうるさくて寝れない。
シャワー&トイレに近くて音が気になって寝れない。

同じ部屋でもベッドの場所1つで

快適さがぐっと変わってきます!!!

まずは少しでも早くチェックインし

いいベッドを確保する事がとーっても大事です。

受付で交渉してもいいの?

でもチェックインの時間って決まってない?

チェックインの時間が決まっていても、

オーストラリアのYHAやバッパーなどの安宿はフレキシブル!

交渉すればOKしてくれることも多いです。

オーストラリアは、税務局でさえ交渉すれば決断が覆る国。言わなきゃ損!

②部屋にいる人と仲よくなっておく【自分から話しかけるべし!】

YHAやバッパーは、実は盗難がとっても多い!

私が今までに泊ったYHAやバッパーで耳にした1番多い盗難品は

スマホの充電器とタバコ!

貴重品は部屋にあるロッカーか、

自分のスーツケースorバックパックに鍵をかけて自己管理、

でも自己管理にも限界があります。

パソコン、スマホ、財布、充電器、化粧品・・・

毎回全部持ってトイレやシャワー行くなんて無理ー!!

相部屋の人と仲よくなっておくと

ちょっと部屋を離れる時にお互い荷物を管理しあったり

足りないものがあった時に分けてもらったり、とっても心強いです!

そして旅人同士、観光スポットの情報交換もできるので

どんどん旅行が充実してきます。

最初に出会ってから時間がたつにつれお互い声をかけにくくなるので

出会ったらすぐ挨拶しちゃうのがおススメです。

英語に自信がなくても、ニコっとしながら『Hi!( ´◡` )』って言うだけで

全然違うと思いますよ♪

 

パース一人旅3日目へつづく】

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました