前回はファームの仕事についてご紹介しましたが、

(関連記事: Darwinファーム体験記~ベトナム人ボスに怒鳴られる日々~【仕事編。)

今回はシェアハウスをご紹介します。

 

ファームの近くのバッパーやシェアハウスといえば、

汚い、狭い、臭い、不便、虫だらけ、お湯出ない、などなど

ネガティブなイメージが強くないですか・・・?(´-﹏-`;)

でも、空や景色が綺麗、規則正しい生活ができる、

野菜や果物がもらえる、友達がたくさん作れる、などなど

ポジティブな面もありますよ♪

私は、タイワニーズの友達Jちゃんがタイワニーズコミュニティの中で見つけたファーム

について行ったので、

シェアハウスの住民の大半がタイワニーズでした。

なので英語圏のオーストラリアにいながら、

英語力は衰え(っていっても衰え程英語力なかったけど( ꒪⌓꒪))、

代わりに台湾の公用語であるマンダリンをどんどん覚えていました。

私が半年間住んでいたシェアハウス(通称:ゴキブリハウス)

ご紹介していきますね(*⁰▿⁰*)

 

°˖✧ファーム体験記【住まい】✧˖°

こちらの2階建てのシェアハウスに男子6人、女子9人が住んでいました。

計15名、内4人がジャパニーズで11人がタイワニーズです。

ファームのボス(船越英一郎似)が所有するシェアハウスで、

ボスのファームで半年間、最後まで働けば

家賃を全額負担してくれる契約だったので実質タダ( ✧▿✧)

途中で辞めるかクビになれば家賃を払わないといけないので

仕事中はみんな必死に働いていました。

では早速、おもしろポイント(&イラっとポイント)

ランキング方式でお伝えしますね!(*′☉.̫☉)

第6位*キッチンは外!

キッチンは外です。

ん?って思いますよね。

屋内にガスコンロがなく、

調理は外に設置されたガスコンロでしてました。

屋内で食材を切ったり混ぜたり下準備をして、

下準備した食材と調味料、フライパンを抱えて外まで行き、

蚊やマーチフライ(ハエサイズの蚊)に刺されながら、

急に現れるヤモリとカエルにビビリながら、

ハエにイラつきながら調理してました。

時には蜂に襲われることも。(゚ロ゚;)

毎日がキャンプ。

第5位*冷蔵庫は15人で2つのみ!

中型(写真の冷蔵庫)1つと、1人暮らし用の小型1つ。

15人でたった2つの冷蔵庫。

涼しい土地なら多分足りる!譲り合える!!

でも!!

赤道に近いダーウィン、とーーっても暑くて

腐敗速度の速いこと速いこと。

人参を常温で置いておくと数日でウジが湧きます。

あっっっという間に食べ物が腐る。

買出しに行けるのは週1回なので買い溜めしたいところですが、

買ってきたものを仕舞う冷蔵庫が

圧倒的に不足していました。

こんな環境でも美食家タイワニーズの食への執着心は素晴らしく、

毎食しっかりいいもの食べるので、

買出しでは冷蔵庫のスペースなんてお構いなしで食材を大量購入してきます。

 

(タイワニーズ本当に優しくて親切でいい人ばかりだけど、

大抵みんな食い意地張ってるので食にうるさい人多し。)

ええ、取り合いましたよ、冷蔵庫のスペース・・・笑

買出し後は冷蔵庫を巡り冷戦が繰り広げられていました。

冷蔵庫の中の所有地を美食家タイワニーズ達にじわじわと奪われていき、

いくつか食材を腐らせてしまったけど、

卵・マヨネーズは冷蔵庫に入れなくても意外と腐らないことを学びました(´ー`)

第4位*トイレ2つ、シャワー2つ、洗濯機1つ!

15人、みんな同じ時間に仕事に行きます。

よって起きる時間もほぼ同時刻。

生活のルーティンがみんな同じ。

朝ごはんの時間帯は電子レンジガスコンロトイレが大渋滞し、

仕事後は洗濯機が混雑、夕方はシャワー待ちの行列。

ちなみにこちらがシャワールーム。

 

左上の赤い矢印がシャワーヘッドです。

ヘッドは固定、水圧弱い、たまにお湯出ない、水捌け悪いけど

ファームにしてみれば綺麗な方なのかな・・・?

 

あと、特に困ったのがトイレ

ただでさえ普段から便秘気味なのに、

次の人が待ってるから長くトイレを使えなくて

というか次の人が待ってると思うと出るものも出なくて(笑)、

便秘がめっちゃ悪化してました(ノД`)

何をするにも人と時間をずらす事が

集団生活での心地よい生き方だと身をもって学びました。

人口密度の低さ世界第3位のオーストラリアで、

しかも大自然のど真ん中、超ど田舎のダーウィンで、

人口密度の高さに悩みながら生活するなんて。

うけるよね!

第3位*部屋にエアコンがない!

真夏のダーウィンはとにかく暑い。

乾燥してるからカラっとしてるけど、

くっそ暑い(´-﹏-`;)

毎日30度越えが当たり前で、

じっとしているのに鼻の頭や額から汗がじわっと滲んできます。

しかし私達の部屋にはエアコンなし(((ʘ ʘ;)))

家賃が実質タダとはいえ、

真夏のダーウィンにエアコンなして住むなんて拷問で、

自分たちでお金出すから買いに行きたいと何度もボスに頼んだけど

ボスがなかなかその気にならずに我慢するしかありませんでした。

 

 

エアコンがない生活で一番辛いのは夜寝れないこと。

暑くて夜なかなか寝つけず、

寝ても数時間おきに目が覚めてまたしばらく寝付けなくて

寝転がっているだけで汗で布団がべたべたになるので更に寝付けず

不眠でイライラしてました。

そして暑くて熱中症?なのかわからないけど、

しょっちゅう頭痛がしてました。

なんとか少しでも快適に寝たくて、

体温上昇を抑えるために試行錯誤し

  • 夜は何も食べない(消化が始まると体温が上がる)
  • 辛い物は一切食べない(辛い物は体温上がる。辛ラーメン絶ちました)
  • コーヒーや紅茶などカフェイン飲まない(寝付きが悪くなる)
  • 夜は極力動かない(動くと体温上がる)
  • 考え事をしない(感情の起伏で体温が上がる。なるべく無になるよう努力してました)

と、地味に頑張って対策をしていました。。゚(゚´Д`゚)゚。

 

第2位*虫との共存

“通称ゴキブリハウス”でお気づきかと思いますが

ゴキブリ、蜘蛛、ヤモリ、わけのわからない虫が毎日大量に出没していました。

(虫のお話はこちらをどうぞ:Darwinファーム体験記~虫嫌いな人は閲覧注意!!!~【虫編】)

もう、多少は覚悟してたけど多少とかじゃない(lliд゚ノ)ノ

オーストラリアのゴキブリは大きいけど動きが鈍いので

そんなに怖くないという情報もありますが、

私が住んでいたシェアハウスのゴキブリはめっちゃ素早かったです。

そして半年間住んでいたので乾季・雨季の生活を経験しましたが

季節ごとに出没する虫が移り変わっていきました。

とりあえず、全部きもかった。

第1位*空が綺麗

空気が澄んでいて、昼夜問わず空が綺麗。

 

曇りでもサンセットの時間帯は綺麗。

雨季に差し掛かると、何もない空に雷雲が出来上がる過程を見られます。

小さな雲の塊がチカチカ光ってるなーと思ってたら、

どんどん大きくなっていき大きな雷雲に。

 

そして安いデジカメしか持っていかなかったので

綺麗な星空を撮ることはできなかったけど、

天の川、流れ星、素晴らしくて感動しました。

このシェアハウス(通称ゴキブリハウス)は我慢の連続で、

忍耐力とかスルースキルとか、そのあたりの精神力が鍛えられた気がします。

とってもいい経験しました。

でも、もう一生このシェアハウス住みたくありません(๑꒪⍘꒪๑)

次回はfreeマンゴーの食べ方をご紹介⇒Darwinファーム体験記~Freeマンゴーの食べ方~【マンゴー編】