英語力0でもワーホリ(ワーキングホリデー)ができる3つの方法

スポンサーリンク

オーストラリアからこんにちは!

メルボルン在住のYukiです。

この記事は、

英語が話せないけどワーホリに行きたい!

という方にぜひ読んでほしい内容です♪

この記事を読むと、

  1. 英語力0でワーホリして大丈夫か?
  2. 英語力0からワーホリする3つの方法
  3. 英語力0でもワーホリを失敗しないコツ

が分かります♪(約7分で読めます)

英語力0でワーホリして大丈夫なの?

スポンサーリンク

英語力0でワーホリして大丈夫なの?

という質問の結論を先に言うと、

英語力0でもワーホリはできる!
ローカルジョブをGETする人もいる!ただし成功するのはほんの一握りで、多くの人が後悔しながら帰国する。
だから失敗しないコツを知っておくのが大事。

もちろん英語力が高ければ、

  • 友達作り
  • 仕事
  • 観光
  • ボランティア

と、ワーホリ中にできることが増えるので

ワーホリ中の充実度がUPするのは事実。

しかし!

英語が完璧に話せるようになるまで

日本でコツコツ勉強してたら、

ワーホリに行けなくなってしまうかも!!

ワーホリは、

  • 年齢制限
  • 病気
  • 家庭の事情

などで行きたくても行けなくなってしまう場合があるので

行けるうちに行くのが1番!

英語が話せないからと、

ワーホリを諦めてしまうのは勿体ないです。

ワーホリビザ申請時に英語力の審査はない=英語力ゼロでも堂々とワーホリしてOK!
(※失敗しないコツは抑えてね!)

私も25歳の時に英語力0でワーホリして、

後悔しながら帰国しています。

>>>関連記事:ワーホリは辞めた方がいい?私の失敗談から見る成功のカギとは?

>>>関連記事:初めてのワーホリ準備はいつ開始?時期別やることリスト【完全保存版】

英語力ゼロでワーホリする3つの方法

英語力ゼロでワーホリをする方法は3つ!

できれば①+②+③、

すべて組み合わせるのがオススメです♪

①日本人の多い地域から始める

日本人の多い地域では、

  • 日本語でシェアハウス探し
  • 日本語で仕事探し
  • 日本語のツアーで観光
  • ワーホリエージェントが充実
  • 銀行や携帯ショップに日本人スタッフが在籍
  • アジアングロッサリー(日本の食材が買えるお店)が充実

など、生活に必要なことが日本語でもできるので

英語が話せなくてもワーホリができちゃいます。

オーストラリアだとケアンズ、ゴールドコースト、シドニーに日本人が多いよ!

仕事もGETできる!

日本人の多い地域では、

英語が話せなくても仕事がGETできます。

  • 日本食レストランのキッチン
  • 日本人経営のマッサージ
  • 日本人経営のクリーナー
  • 日本人経営のお土産屋さんの裏方

などが、英語力を問わず求人しています。

日本人がオーナーだと面接も日本語なので安心。

ただし、ほぼイリーガル採用なので時給は低いことが多いよ。

日本人が多い地域からワーホリを始める メリット/デメリット

【メリット】
  • 大抵のことが日本語で完結
  • 仕事探しや家探しがスムーズ
  • 日本人の友達がたくさんできるので帰国後日本で会える
  • 日本へ航空券が安くて本数が多め
【デメリット】
  • 英語を使う機会が少ない
  • 日本人との人間関係に意外と悩む
  • 語学学校に通うと日本人率高い
  • 海外感が少ない

私はこの方法で英語力ゼロでケアンズからワーホリを始めました!

方法②語学学校に最大限通う

ワーホリビザで許可されている最大限語学学校に通うことで、

ある程度、英語が話せるようになります。

オーストラリアの場合は最大17週まで通えるよ!

語学学校に17週いくだけで

英語が話せるようになるの?

と、『英語力』は目に見えないので

本当に力がつくのか不安になりますが

17週頑張って勉強すれば、

  • 買い物
  • 観光
  • シェアハウス探し
  • 仕事探し

など、英語で生活ができる

中級(インターミディエート)程度の英語力が付きます。

※ただし学校の質によるので学校選びは慎重に!

仕事は何がGETできる?

インターミディエートの英語力があれば

ローカルジョブがGETできるようになります!

  • ローカルのレストラン/カフェ
  • ローカルの花屋さん
  • ローカルのパン屋さん
  • ローカルの工場
  • ローカルの建設会社

などなど仕事探しの幅がぐっと広がります。

ローカルにもイリーガル採用してる企業はたくさんあるのでローカル=高時給、とは限らないよ。

語学学校に最大限通う メリット/デメリット

【メリット】
  • 英語力が付くので帰国後の再就職に有利
  • 仕事探しの幅が広がる
  • 多国籍の友達/恋人が作れる
  • 自分の行きたい場所でワーホリができる
【デメリット】
  • お金がかかる
  • 時間が勿体ない
  • 学校がある間は都市移動ができない(姉妹校があればできる)

私はセカンドワーホリ中に語学学校&アプリで英語力を磨いて、ローカルジョブ(語学学校の営業)をGETしたよ!

check >>私が学んだ英語のアプリはこれ!今なら無料体験時実施中なのでお試しにどうぞ♪

方法③日本人のツテを作りまくる

ワーホリに行く前や、ワーホリ開始後に、

  • エージェントのセミナー
  • Youtuberやブロガーのミートアップ
  • SNS(ツイッターやインスタなど)

などで友達を作って交流の輪を広げておけば

住まいや仕事を紹介してもらうツテができます。

オーストラリアの仕事探し&シェアハウス探しは『紹介』が1番安全!

ワーホリ中の方と交流するのはもちろん大事ですが、

ワーホリ中は都市移動や帰国で流動的なので、

在住者の方と仲良くなっておくのもオススメ!

在住者はワーホリを経験している人も多いし、

  • 日本人コミュニティで新鮮な情報を得られる
  • ビジネスをしている人は法律に詳しかったりする
  • 海外生活の経験値が高い

と、情報の宝庫なのです♡

仕事の紹介は厳しい面も!

ツテをたくさん作っておくと

シェアハウスは紹介してもらいやすいですが、

仕事を紹介してもらうのは厳しいかも。

  • 誰かが辞めないと紹介できない
  • 英語力0だと接客の仕事は紹介できない

となると、

クリーナーや倉庫作業など、

紹介できる職種が限られてくるので

生活資金を貯金をしてくる必要があります。

英語が話せないけど紹介でホテルのクリーナー(ローカルジョブで時給$21!)GETした友達もいるので、こればかりは運だね!

日本人のツテを作ってワーホリする メリット/デメリット

【メリット】
  • 友達(同志)がたくさんできる
  • ファームの最新情報がGETしやすい
  • 自分で探すよりいい住まい/仕事がGETできることも
【デメリット】
  • 英語を使う機会が少ない
  • 日本人との人間関係に意外と悩む
  • タイミングが悪いと紹介してもらえないことも

人に100%頼るこの方法はリスクが高いので、『方法①日本人の多い地域に行く』の方法と組み合わせるのがオススメ!

英語力0でもワーホリを失敗しないコツ

何をもって『ワーホリ失敗』なのかは

人によって違います。

英語の勉強をしに来たんだから、英語を話せないまま帰国するのが失敗だ!

という人もいれば、

私は英語に興味なし!海外でのんびりノマド生活をするために来たんだから、のんびりできない環境にいるのが失敗!

という人だっているはずです。

全員に共通するワーホリを失敗しないコツって何?

英語力0でもワーホリを失敗しないコツは

ワーホリ出発前に目標を決めること!

  1. 10個くらい目標を決める
  2. 数字や固有名詞をたくさん入れて具体化する
  3. 達成期限を決める
  4. 目標が達成できるよう軌道修正しながらワーホリ

という道筋をたどれば、

どんな理由でワーホリに来る方も、

絶対に後悔しないワーホリができると思います。

詳しくは以下の2つの記事に綴っているので、

興味がある方は読んでみてください!

さいごに

『英語力0でもワーホリできるから

 英語の勉強なんてしなくてOK!』

というわけではありません!笑

英語力が0だからワーホリに行くのをやめよう、

と思っている人達に

ワーホリを諦めてほしくないので記事にしました。

もちろん英語力を付けてからワーホリした方がいいよ。

でも社会人は忙しいし、

なかなか勉強する時間作れないよね…。

私は目標を決めずに英語力0でワーホリをして

途中で何を頑張ればいいのか分からなくなってしまい、

後悔しながら帰国しました。

なのでセカンドワーホリでは
しっかり目標を決めてきたので大満足の1年でした!


目標は決めるだけではなく、

達成できるよう、ちゃんと行動することが大事!

英語力0だからこそ、

しっかりと目標を決めてワーホリを充実させてください♪

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました