ワーホリの行き先をオーストラリアにすべき6つの理由!【国選びの参考にどうぞ】

スポンサーリンク

オーストラリアからこんにちは!

メルボルン在住のYukiです。

オーストラリアでワーホリ、セカンドワーホリを経験した私が

行き先をオーストラリアにすべき6つの理由を綴っていきます!

オーストラリアって英語の訛りはあるの?

オーストラリアってどんな国? 

スポンサーリンク

まずはオーストラリアがどんな国かをご紹介します。

オーストラリア

  • 国名 オーストラリア連邦
  • 首都 キャンベラ
  • 言語 英語
  • 人口 約2,405万人
  • 面積 769万k㎡(日本の約20倍)
  • 人口密度の低さ 世界第3位!

 

世界遺産が豊富!

オーストラリア世界遺産が19カ所あります。

大自然と美しい建物に恵まれた国です。

  • 文化遺産3カ所
  • 自然遺産12カ所
  • 複合遺産4カ所

マリンスポーツが盛ん!

オーストラリアの主要都市が海側に位置している為、

ビーチがたくさんあります!

無料シャワー、無料BBQコンロ、無料駐車場など

ビーチ周辺の施設も整っています。

サーフィン、ダイビング、ジェットスキーなどのマリンスポーツが盛んです。

ワーホリの行き先をオーストラリアにすべき6つの理由

留学先として人気の国はたくさんありますよね!

アメリカ、イギリス、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、フィリピン、インド、フィジーなどたくさん!

中でもオーストラリアは、

毎年1万人以上の日本人がワーホリビザで入国している、

日本人に大人気の国なのです!

なぜ人気なのか、6つの理由をご紹介していきます。

理由① ビザが取りやすい

オーストラリアはワーホリビザに人数制限がない為、

イギリスやカナダのように

定員越えでビザを弾かれる心配がありません。

そして基本的に残高証明や健康診断の提出もありません。

2019年4月よりワーホリビザ申請時に、
$7,000以上の英文の残高証明が必要になりました。

セカンドビザ、サードビザで長期滞在が可能!

そしてワーホリの行き先をオーストラリアにすべき1番の理由は、

セカンドワーホリビザ、サードワーホリビザが取れること!

オーストラリアは最大で3年間もワーホリができる唯一の国なのです!

セカンドワーホリビザ(※30歳未満)
ワーホリ中に政府指定の仕事を政府制定の場所で88日間以上行って取得
サードワーホリビザ(※30歳未満)
セカンドワーホリ中に政府指定の仕事を政府制定の場所で6カ月以上行って取得

理由② 時差が少なく航空券が安い

日本とオーストラリアの時差はたったの約1時間~2時間。

時差ぼけもしないし、

日本の家族や友人と時間を気にせずに連絡が取れるので便利。

そしてジェットスターやエアアジアなどの

LCC(格安航空会社)の便が多いので航空券が安く買えます。

 

日本‐オーストラリアの直行便も豊富だよ!

 

理由③ 治安が良く、人が優しい

オーストラリアは治安がいいので、

危険な通りさえ避ければ夜に1人でも出歩けます。

またフレンドリーな人が多くて困っていると声をかけてもらえます。

私は自転車のチェーンが外れて困っていた時、
通りすがりの人に助けてもらったことがあります。

スポンサーリンク

オーストラリア人は必ずと言っていいほど、
バスや電車でお年寄りや体の不自由な人、妊婦さんや子連れの人に席を譲ります。
優しい人がとっても多いので住みやすいです。
オーストラリアの治安はいいですが、
日本よりは治安が悪いので油断は禁物です。
財布を落としても、日本のようには戻ってきません。

 

理由④ 差別や偏見の少なさ

オーストラリアは移民の国です。

ベトナム系、中国系、インド系、イタリア系など

様々な文化や宗教のバックグラウンドを持つ方がいて、

お互いにそれぞれの文化や宗教に深く干渉せず

上手に共存しています。

たくさんの人種が入り乱れる国なので

アジア人に対する差別や偏見もほぼありません。

日本人に生卵を当てると運がつくという迷信があり、
友人がケアンズで生卵を投げつけられました。
残念ですが差別や偏見が全くないわけではありません。

 

理由⑤ 雄大な自然とアクテビティの豊富さ

オーストラリアの雄大な自然は本当に美しいです!!

そして人口密度のとっても低い国なので、

観光地を外れて田舎へ行けば

その美しい景色を独り占めできてしまいます。

またオーストラリアではオーガニック製品が人気なので、

スーパーでも質の良いオーガニック食品や

オーガニックのシャンプー、石鹸などが簡単に手に入ります。

 

オーガニック志向の強い地域に行けば、
本物のスローライフも経験できます。

 

理由⑥ 景気の良さ、稼ぎやすさ

オーストラリア人の失業率が高くなってきているとは言うものの、

銀行の金利は2~3%、

最低賃金は約$19!

最低賃金が日本の倍ほどあります。

更に土日祝や深夜に働くと最低賃金も跳ね上がるので、

がっつり働きどんどん貯金することで

金利で美味しい思いが出来ます。

オーストラリア人の英語の訛りは?

オージーイングリッシュの特徴として有名なのが、

A(エイ)をA(アイ)と発音する。
単語を短くする。例)バーベキューはバービー(barbie)
口を大きく開けずもごもごと話す。

オーストラリアでは田舎に行けば行くほど

訛りが強くて聞き取れない英語を話す人も増えます。

あとお年寄りは訛りが強い人が多いです。

日本の方言と一緒だね!

オーストラリアには英語を母国語としない移民が多いので、
実際は、中国訛り、インド訛り、イタリア訛り、韓国訛り、フランス訛り
などの英語に触れる機会の方が多いくらいです!

 

オージーイングリッシュを体感できる映画

オージーイングリッシュがちゃんと聞き取れるか

出発前は不安ですよね。

事前にオージーイングリッシュに慣れたい方は、

こちらの映画がオススメ!

「Wolf Creek(ウルフクリーク)」

オーストラリアが舞台の

実話を元に作成された映画です。

作品の中では主人公がオーストラリア訛りの英語を話していますよ!

 

ワーホリの国選びでその後の人生も変わる!
私はオーストラリアでワーホリして大正解でした。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました