オーストラリアって、どんなイメージがありますか?(*⁰▿⁰*)

コアラ、カンガルー、サーフィン、オペラハウス、ベジマイト、

セカチューで有名なエアーズロック(分かる方は同世代♡笑)

などでしょうか?(☌ᴗ☌)

サンタさんがサーフィンをしている画が浮かぶ方も

たくさんいらっしゃると思います!

 

では早速、

  • オーストラリアがどんな国か?
  • なぜワーホリや留学先として人気なのか?
  • 英語の訛りは実際どうなのか?

ご紹介していきます٩( ´◡` )( ´◡` )۶

 

ーストラリアってどんな国?

国名 オーストラリア連邦

首都 キャンベラ

言語 英語

人口 約2,405万人

面積 769万k㎡(世界第6位!日本の約20倍!)

人口密度の低さ (世界第3位!日本の112分の1!)

 

オーストラリアは6つの州と特別地域に区分されており、

  • 文化遺産3カ所
  • 自然遺産12カ所
  • 複合遺産4カ所

合計で19カ所もの世界遺産がある、

大自然と美しい建物に恵まれた国です( ´◡` )

主要都市が海側に位置している為、

サーフィンやダイビング等のマリンスポーツが盛んです。

連邦国なので州ごとに法律や物価が異なり、

気候、街並み、住民の人種や雰囲気が大きく変わるので、

オーストラリア国内での旅行もとっても楽しめます。

たくさん旅行して、1番のお気に入りの都市を見つけてください♪

ぜオーストラリアが人気の理由なのか?

アメリカ、イギリス、カナダ、ニュージーランド、シンガポール、

フィリピン、インド等、英語を学習できる国は世界中に沢山ありますよね!

中でもオーストラリアは、毎年約1万人の方

ワーホリVISAで入国している大人気の国なんです。

私が思う、人気の理由をご紹介していきます(*⁰▿⁰*)

人気の理由① VISAが取りやすい

オーストラリアはワーホリビザに人数制限がない為、

イギリスやカナダのように

定員越えで弾かれる心配がありません。

そして基本的に残高証明や健康診断の提出もありません。

(※人によっては提出しないといけない可能性あり。)

日本国籍を有する18歳~30歳まで健康な人であれば

誰でも取得できるという取りやすさ、

そして政府指定の仕事を政府制定の場所で88日間以上行えば

更にもう1年滞在できるセカンドビザが得られ

計2年間滞在できるのも人気の理由です(*ꆤ.̫ꆤ*)

人気の理由② 時差が少なく航空券が安い

日本とオーストラリアの時差はたったの約1時間~2時間。

時差ぼけもしないし、

日本の家族や友人と時間を気にせずに連絡が取れるので便利!

そしてジェットスターやエアアジアなどの

LCC(格安航空会社)の便が多く、直行便も豊富!

人気の理由③ 治安が良く、人が優しい

オーストラリアは海外の中では比較的治安がいい国で、

危険な通りさえ避ければ大都市なら夜に1人でも出歩けます。

困っていれば声をかけて助けてくれる人も多く、

あなたもオーストラリアで人の温かさに感動すると思います♡

親日家が多く、カタコトの英語でも

一生懸命に聞こうとしてくれる人が多いのも

人気の理由だと思います!

ただし、明らかに日本よりは治安が悪いです。

財布を落としても戻ってくる可能性はほぼゼロ。

治安の良さに油断して被害に合わないよう、

気を付けてください٩(。θ◡θ。)۶

 

人気の理由④ 差別や偏見の少なさ

オーストラリアは移民の国です。

ベトナム系、中国系、インド系、イタリア系、などなど、

様々な文化や宗教のバックグラウンドを持つ方いて、

お互いにそれぞれの文化や宗教に深く干渉せず

共存しています。(・・・と私は感じています。)

いろんな人種が入り乱れる国なのでアジア人に対する差別や偏見も

ほぼありません。

※日本人に生卵を当てると運がつくという迷信があり、

 友人がケアンズで生卵を投げつけられました。

 残念ですが差別や偏見が全くないわけではありません(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

人気の理由⑤ 雄大な自然とアクテビティの豊富さ

オーストラリアの雄大な自然、

言葉にできないほど美しいです!!

そして人口密度のとっても低い国なので、

観光地を外れて田舎へ行けば

その美しい景色を独り占めできてしまいます✧

またオーストラリアではオーガニック製品が人気なので、

スーパーでも質の良いオーガニック食品や

オーガニックのシャンプー、石鹸などが簡単に手に入ります。

オーガニック志向の強い地域に行けば、

本物のスローライフも経験できます。

 

そしてアクティビティがとっても盛ん!

スカイダイビング、スキューバダイビング、ジュノーケリング、

バンジージャンプ、4WDハマー、乗馬、シーカヤック、パラセイリング、

熱気球、ジェットスキーなどが雄大な自然の中で経験できます。

 

人気の理由⑥ 景気の良さ、稼ぎやすさ

オーストラリア人の失業率が高くなってきているとは言うものの、

銀行の金利は2~3%、

最低賃金は約$17!

$17は約1500円。最低賃金が日本の倍です。

更に土日祝や深夜に働くと最低賃金も跳ね上がるので、

がっつり働きどんどん貯金することで

金利で美味しい思いが出来ますね♡

 

 

 

ーストラリア人の英語の訛りは?

オージーイングリッシュの特徴として有名なのが、

  • A(エイ)をA(アイ)と発音する
  • 単語を短くする(バーベキューをバービー(barbie)と省略)
  • 口を大きく開けず、もごもごとした話し方をする(ハエが口に入らないようにだそうです笑)

 

日本と同様、田舎に行けば行くほど

訛りが強くて聞き取れない英語を話す人も増えます。

しかし、主要都市である

シドニー、ケアンズ、ゴールドコースト、ブリスベン、メルボルン、

パース、タスマニア、アデレード、などへ行くのであれば

英語の訛りは気にしなくて大丈夫です!

寧ろオーストラリアには英語を母国語としない移民が多いので、

実際は、中国訛り、インド訛り、イタリア訛り、韓国訛り、フランス訛り

などの英語に触れる機会の方が圧倒的に多いです!

 

・・・とはいえ、オージーイングリッシュがちゃんと聞き取れるか

出発前は不安ですよね

事前にオージーイングリッシュに慣れたい方は、

こちらの映画がオススメ!

「Wolf Creek(ウルフクリーク)」

オーストラリアが舞台の

実話を元に作成された怖い映画です。

作品の中では主人公のミックテイラー(Mick Taylor)が

オーストラリア訛りのを話してくれます。

この主人公が作品内で名乗る際、苗字を「テイラー」ではなく「タイラー」と発音します。

Taylorの“a”をエイと発音すれば「テイラー」。おなじみテイラースウィフトのテイラーです。

しかしオーストラリア訛りでアイと発音したので「タイラー」となったわけです。

オージーイングリッシュ、

聞けば聞くほど病み付きになる奥深さがあり私は大好きです♡